logo-kenford icn-cart icn-link icn-map

CONTENTS

ショップブログ

KENFORD大宮東口店 「靴のお手入れ」

いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。大宮東口店の高橋です。最近は、最低気温が10℃を下回ることも珍しくなく、だいぶ冬らしくなってきました。ダウンジャケットやマフラーをいつから着用しようかと悩んでいます。

現在、大宮東口店では、不定期ではございますが「お手入れの実演」を店頭で行っております。前回の当店ブログにその姿の写真を載せたところ「お手入れってどうやるの?」、「お手入れって難しい?」といったお問い合わせを頂戴しました。そこで今回のブログは、靴のお手入れについて簡単ではありますが、ご紹介いたします。

靴のお手入れについてお客様とお話しすると「なんとなく面倒」、「シューケア用品は、種類が多く、どれを使っていいか分からない」といったお話を頂戴する事が少なくありません。当店では、実演を交えながらお手入れ方法やシューケアグッズについてのご案内を行っております。

 

 


写真(左から馬毛ブラシ、クリーナー、豚毛ブラシ、靴クリーム、クロス)

 

今回のブログでは、基本のお手入れで使用するシューケアグッズを5種類ご紹介いたします。シューキーパーを入れた状態の靴に、ご紹介するシューケアグッズを順番に使ってお手入れをしていきます。


◆工程① 馬毛ブラシ
前から後ろに掃くようにブラッシングし、革の表面やソール周り、縫い目についた埃を落とします。

 

◆工程② クリーナー
革に付着した汚れや、以前に塗ったクリームを除去します。革を痛めないように、クリーナーは擦らず撫でるように使うのがコツです。

 

◆工程③ 靴クリーム
革に必要な水分、油分を与えます。また、光沢を出す効果もあります。指に布を巻いて、円を描くようにクリームを塗ります。量は片足で、コーヒー豆一粒分程度が目安です。

 

◆工程④ 豚毛ブラシ
軽い力で、光沢が出るまでブラッシングをします。余分なクリームを弾き飛ばし、指では届きにくい部分にもクリームを行き渡らせることが出来ます。

 

◆工程⑤ クロス
仕上げに軽く乾拭きをします。

 

以上が、お手入れの基本でございます。これら以外にも、雨の日に革を保護する撥水スプレー、さらに光沢を出すための缶入りポリッシュ、などのお手入れ用品がございますが、それらについても気兼ねなくご相談下さいませ。とくに、綺麗な艶を出すために使用する缶入りポリッシュは、少々コツが必要ですので、是非「お手入れ実演」でご覧いただければと思います。

 

写真(スタッフ私物 KN41AE)

 
上の写真は、以前ブログで「お気に入りの1足」として紹介させていただいた私物のKN41AEですが、履き込んだ靴でもご紹介したお手入れ手順をしっかりと行えば、綺麗な革らしい風合いに仕上げることが出来ます。

 

ご購入いただいた靴を長くご愛用いただく為にも定期的なお手入れが大切です。既にお持ちの靴についてのご相談も承りますので、靴のお手入れについてお困りの事がございましたら、当店スタッフまでご相談くださいませ。皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

シューケアグッズ
品番:CW10COL(馬毛ブラシ)
価格:¥1,650(税込)

 

品番:CU90COL(クリーナー)
価格:¥1,100(税込)

 

品番:CU20COL(靴クリーム)
色:ブラック、ダークブラウン、チェスナット、ニュートラル
価格:¥880(税込)

 

品番:CY01COL(豚毛ブラシ)
価格:¥440(税込)

 

品番:CW01COL(クロス=エチケットテレンプ)
価格:¥220(税込)

 


品番:KN41AE(ストレートチップ)
色:ブラック、ダークブラウン
サイズ:24.0~27.0cm/3E
価格:¥16,500(税込)

商品詳細はこちら

 

 

店舗詳細はこちら

 

 

 

 

 

※記載の商品スペック・価格等の情報は掲載時点の情報です。

一覧に戻る